ライセンス取得の期間と費用

ダイビングライセンスは最短何日で取得できる?

ダイビングライセンスは最短何日で取得できる? ダイビングライセンスを取得するためには学科と実習の2つの購入を受ける必要があります。
学科はダイビングに必要な潜水学を学ぶための時間であり、ダイビングは水中と言う特殊な環境の中で楽しむマリンスポーツでもあり、水圧が人間の身体にどのような影響を及ぼすのかなどを理解しておく必要があります。
一方、実習とは、プールを使っての実習もあれば、最初から海洋での実習が行われるなど、ダイビングライセンスを取得出来るショップの施設などの状況により異なります。
尚、ダイビングライセンスを取得するためには最短何日が必要になるのかが気になる人も多いかと思われますが、一般的には3日から4日が最短日数であり、学科講習が1日、プール実習が1日、海洋実習が2日などのスケジュールでライセンス取得を可能にしているショップが多くあります。
但し、プール実習や海洋実習の時間はダイビング技術を学ぶ大切な時間でもあり、人によっては数回のダイビング講習が必要になるケースもあります。

ダイビングライセンスの取得にかかる費用の目安は?

ダイビングライセンスの取得にかかる費用の目安は? ダイビングライセンスを取得したい時、誰もが気になるのは費用ではないでしょうか。
また、実習を受ける時にはダイビング器材が必要になるので、器材を買い揃えるとなるとかなりのお金が必要になると感じている人も多いかと思われますが、器材についてはレンタルを利用する事も出来るので買い揃える必要はありませんし、ダイビングがどのようなマリンスポーツなのかを把握してからじっくりと選ぶのがお勧めです。
ダイビングライセンスの取得に必要な費用の内訳としては、プール実習や海洋実習の際の講習費、学科講習の時の教材費、器材レンタル料、施設料や保険料、ライセンスの申請料などになります。
講習費や教材費、レンタル料などはショップなどにより差があるので金額を比較しておくと安心です。
また、ダイビングライセンスの申請料は収得するCカードの種類、団体などにより異なるのが特徴で、目安としては3万円から10万円になると考えておけば良いでしょう。